検索
  • 松藤 直

アイアンマン


福岡県柳川市の美容室

ENOUGH(イナフ)のブログ

ブログをご覧の皆さまどーも僕です。

マーベル・シネマティック・ユニバースで人気を博しているアイアンマンことトニー・スタークは、

巨大軍需企業の社長にして天才発明家。

自身が開発したパワードスーツは高い耐久性を誇る上、装着すると空を自由に飛び回ることができる。

もちろんコミックスや映画の話であり、実際には存在しないのですが、

このパワードスーツを本当に作った人がいる話題になっているんです。

CGなしで空を飛ぶアイアンマン

まずはパワードスーツを装着し、空を舞っている映像を見てください。

直立姿勢のままゆっくり飛び上がり、そのまま倉庫の中に移動。台の上に見事飛び乗った!!

このパワードスーツを開発したのは、ディスカバリーチャンネルの人気番組『怪しい伝説』で

司会を務めていたアダム・サヴェッジ氏。高い技術力でユニークな検証を行うサヴェッジ氏が、

新番組『サヴェッジ・ビルズ』の第一回の企画として作ったのが、このアイアンマンのパワードスーツ。

アイアンマンといえど、このパワードスーツは鉄で出来ているわけではありません。

鉄より強度が高く、比重の軽いチタン製。

マーベルから直にもらったパワードスーツのデータを元に、コロラド鉱山学校のチームの協力を受け、

特殊な3Dプリンタで作ったといいます。

そんなパワードスーツは防弾機能にも優れていて、22.9mmと45口径の銃弾をパワードスーツに

打ち込むテストを行ったところ、スーツが多少傷ついただけで、

貫通することはなかったというから驚きです!

このパワードスーツには腕に4基、背中に1基、計5基の1000馬力のミニジェットエンジンが搭載。

これはサヴェッジ氏の友人であるイギリス人発明家のリチャード・ブラウニング氏が運営する

グラビティ・インダストリー社から提供されたものだそう。

そんなパワードスーツを操るのには、かなりの練習が必要なようで、

サヴェッジ氏はチャレンジしてみるも、なかなかうまく飛べない。

そこでブラウニング氏にバトンタッチし、地上15フィート(約4.5メートル)のホバリングを成功させた。

サヴェッジ氏は『CNET』に、「大げさに聞こえるかもしれないが、誓っていう。

もしトニー・スタークが架空の人物ではなく、今アイアンマンのスーツを作ったとするならば、

彼はこの方法でこの技術を使ったに違いない」と語っています。

本当のアイアンマンが誕生する日もそう遠くないかもしれんせんね。

ではまた!!

ヘアやファッションに関するご質問、ENOUGHへのご予約などは

ENOUGH専用LINE@でも受け付けております。

お友達登録されてもプライバシーはほかの方にはもれませんのでお気軽に登録どうぞ。

LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し下記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

ID・・・・(@dco2302m)

もしくは下の友達追加ボタンをご利用ください。

ブログは随時更新いたしますのでチェックしてくださいね!!!

ENOUGHのinstagramアカウントもございます。お気軽にフォローやコメントどうぞ!!!!

#キラ水 #柳川 #enough #柳川市 #美容室 #カラー #oggiotto #enoughyanagawa #ENOUGH #メンズ #アルガンオイル #ヘアセット #白髪染め #卒業式

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示