top of page
検索
  • 松藤 直

帽子の上手い使い方


福岡県柳川市の美容室

ENOUGH(イナフ)のブログ

ブログをご覧の皆さまどーも僕です。

おしゃれになる近道として、この春夏に「帽子」を主役にファッションを楽しんでみるのはいかがですか?

キャップ、ハット、キャスケット、テンガロンハット…

様々な種類の「帽子」コーディネートを集めてみました。

人気ブランドのコーディネートをお手本に、「帽子」を取り入れた夏ファッションを楽しんでみては?

「キャップ」

バーバリー(BURBERRY)から登場した「ハウスチェック」を使ったキャップ。

スポーティーなシルエットにアイコニックなパターンを配したヘッドウェアは、パンチの効いた逸品。

“なかなかチャレンジできない…”と悩んだ時は一工夫。

2018年秋コレクションのように、洋服と同じ色柄で合わせればOK。

統一感が生まれてコーディネート全体がまとまりある印象になります。

ロゴ入りキャップは、Tシャツに合わせてカジュアルに着こなすのもいいけど、

ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)をマネて、

ワンピースと組み合わせてみるのはどうでしょうか?

フェミニンな印象のフラワーワンピースも、キャップと組み合わせるだけで“抜け感”のある着こなしに。

「バケットハット」

テイストミックスを楽しむなら、ロエベ(LOEWE)2018年春夏コレクションをお手本にするのも◎。

ギンガムチェックのドレスに、バケットハットを合わせてカジュアルダウンさせたルック。

ペールトーンのドレスは可愛らしい印象が強いけれど、

メンズライクなヘッドウェアと組み合わせればモードに昇華し、一気に今年っぽくなります。

「ストローハット」

バカンスシーンの味方となる「ストローハット」は、あえてドレスルックとぶつけると面白いですね。

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)2018年春夏コレクションのように、

ミニ丈のベアドレスも帽子一つで甘さが緩和されます。

また、バッグ、サンダルなどバッグ以外の小物はすべて同系色で統一することで、

ハットの印象を強めてくれる、こういった高度なテクニックはぜひマネしたいところですね。

「キャスケット」

マスキュリンな印象の強い「キャスケット」をポップに着こなすには、

イラスト入りトップスとマッチさせて。ニキ・ド・サンファルからインスピレーションを得た

ディオール(Dior)2018年春夏コレクションでは、彼女の作品をモチーフにした

トップスとキャスケットの組み合わせが登場しています。

頭のてっぺんからつま先までブラックを基調にして、モチーフの存在感を際立たせ

プレイフルにまとめることでカジュアルにまとめることができます。

「テンガロンハット」

コスチュームライクになってしまって、なかなか手を伸ばせない「テンガロンハット」ですが、

ヴェルサーチ(VERSACE)2018年春夏コレクションをマネれば、クールに決まることを発見しました。

ベアトップ&透かし模様入りのレザーパンツというセンシュアルなスタイルに、

「テンガロンハット」をオン。カラーはブラック&ゴールドなど、

大人っぽいカラーを選ぶことを忘れずにすることで西部劇のガンマンぽくならずに済みますね(笑)

「シースルーハット」

ファッションが好きな人へ向けて、さらに難易度の高いピースをご紹介します。

シャネル(CHANEL)2018年春夏コレクションに登場した「シースルーハット」は、

注目度の高いヘッドウェア。

帽子の内側まで透けさせてしまうシースルー素材は、涼しげな印象をもたらしてくれます。

シューズ、グローブもシースルー素材、バングルもクリア素材と、

ハットの素材と小物の素材を統一させれば、コーディネート全体もうまくまとまりますね。

いかがでしたか?

こうしてみると普段はなかなか合わせずらい帽子たちもおしゃれの幅を広げる

素敵な小物ですよね?この春夏は帽子を絡めたコーディネートをお勧めいたします。

ではまた!

ヘアやファッションに関するご質問、ENOUGHへのご予約などは

ENOUGH専用LINE@でも受け付けております。

お友達登録されてもプライバシーはほかの方にはもれませんのでお気軽に登録どうぞ。

LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し下記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

ID・・・・(@dco2302m)

もしくは下の友達追加ボタンをご利用ください。

ブログは随時更新いたしますのでチェックしてくださいね!!!

ENOUGHのinstagramアカウントもございます。お気軽にフォローやコメントどうぞ!!!!

閲覧数:14回0件のコメント
bottom of page