検索
  • 松藤 直

スティーヴン・キング


福岡県柳川市の美容室

ENOUGH(イナフ)のブログ

ブログをご覧の皆さまどーも僕です。

突然ですが皆さまはスティーヴン・キングをご存知ですか?

スティーヴン・キング - Wikipedia


1974年に長編『キャリー』でデビュー。ジャンルはホラーであるにもかかわらず、舞台は主にアメリカのごく平凡な町で、具体的な固有名詞をはじめとした詳細な日常描写を執拗に行うのが特徴。その作風から、従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされる。

ホラーばかりではなく、『ショーシャンクの空に(原作:『刑務所のリタ・ヘイワース』)』や『グリーンマイル』など、映画化された話題作でも有名である。日常の中に潜む「ちょっとした不思議」を題材にした作品も目立つ。

著作の多くが映画化またはTVドラマ化されている。世界幻想文学大賞(1982年、1995年、2004年)、ヒューゴー賞(1982年)、オー・ヘンリー賞(1996年)、ブラム・ストーカー賞(1988年、1996年、1997年、1999年、2007年、2009年)など、数々の文学賞を受賞している


映画化されたものでは

「ショーシャンクの空に」

「グリーンマイル」

など言わずと知れた名作をはじめ

少し不思議で怖い話がお好きであれば、

「シークレットウインドウ」

「ミスト」

などの作品は是非見ることをお勧めいたします。

ところで今回スティーヴン・キングをご紹介したのは今度こちらが公開になるからです。

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』スティーヴン・キングの伝説的ホラー小説を実写化。

原作は、ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングによる小説『IT/イット』。

スティーヴン・キングの小説の中でも、「これほど恐れられた作品はない」と評され、

発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた作品。

小説だけでもトラウマになるくらいなら映像化したら夜も眠れないくらい怖いものに。

あらすじ

一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して消息を絶ってしまう。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。 不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、図書館、そして町の中......何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは、“それ”に立ち向かうことを決意するのだが...。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

いやいや予告編だけでも怖すぎでしょ・・・・・。

全米では予告編がインターネット上でアップされるやいなや、

24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を樹立。

町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぐなど、全米を震撼させ新たなトラウマを作り出しています。

僕なんかホラーは大の苦手なのできっとこれを見たら目をつぶってお風呂で頭を洗えませんし、

夜中のトイレも恐ろしくて我慢しちゃいそうですwww

それでも気になる今回の作品。

皆さまも怖いもの見たさに見に行かれてはいかがでしょうか?

ではまた!!

この9月でENOUGHは1周年を迎えます。

これを機会にもっと多くのお客様に満足していただけるように新しいメニューや、

新しいカラー剤の導入、新しい取り組みをしております。

今まで以上に皆さまをオシャレにきれいにカッコよくしていきますので

2年目のENOUGHもどうぞよろしくお願い申し上げます。

ヘアやファッションに関するご質問、ENOUGHへのご予約などは

ENOUGH専用LINE@でも受け付けております。

お友達登録されてもプライバシーはほかの方にはもれませんのでお気軽に登録どうぞ。

LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し下記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

ID・・・・(@dco2302m)

もしくは下の友達追加ボタンをご利用ください。

ブログは随時更新いたしますのでチェックしてくださいね!!!

ENOUGHのinstagramアカウントもございます。お気軽にフォローやコメントどうぞ!!!!

#メンズ #enough #アルガンオイル #柳川市 #美容室 #柳川 #oggiotto #enoughyanagawa #ENOUGH #カラー #キラ水

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示