top of page
検索
  • 執筆者の写真松藤 直

年明けのお楽しみはGUCCI×THE NORTH FACE


福岡県柳川市の美容室

ENOUGH(イナフ)のブログ

ブログをご覧の皆さまどーも僕です。

皆さまもご存知のあのブランド「グッチ(GUCCI)」が


「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのコラボコレクションを


2021年1月6日に発売することを発表しました。



日本では東京・渋谷のミヤシタパークと大阪の大丸心斎橋店の2カ所で


開催するポップアップ“グッチ ピン(Gucci Pin)”で取り扱うそうです。


オープンは1月31日までで、最初の1週間は完全予約制。


公式オンラインストアでは事前に抽選を行い1月8日から先行販売します。


今までありそうでなかったこのスーパーコラボ。気になりますよね。


ウエアはグースフェザーとダウンを使用したコート、ボンバージャケット、


ベスト、スカート、ジャンプスーツ、キルティングジャケット、


ナイロンのシャツやウインドブレーカーなどを発売予定。


アウターのシルエットなどは「ザ・ノース・フェイス」が


1970年代に販売していたアイテムのデザインをベースにしたそうです。


ほかにもキャミソールドレス、スエットシャツ、Tシャツ、


フリースジャケットなどがラインナップ。







鮮やかなカラーのラゲージは8つの違うグラフィックを発表。


バックパックはドーム型が特徴的なミディアムサイズと


ハイキングスタイルのラージサイズが登場し、2種類のベルトバッグもラインナップ。





また、ジェンダーレスなハイキングブーツはブラウン、ブラック、クリームの3色展開で、


大きく「グッチ」と「ザ・ノース・フェイス」のロゴをデザイン。



そして同コレクションのキャンペーンには写真家の


ダニエル・シェア(Daniel Shea)を起用し、アルプス山脈で撮影。


休日のスナップ写真のように、ハイキングを楽しむモデルたちの姿を捉えています。


70年代に「ザ・ノース・フェイス」の当時の本社がロックバンド、


クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)の


練習スタジオの隣だったことから代表曲


「Bad Moon Rising (バッド・ムーン・ライジング)」を使用したそう。



70年代の「ザ・ノース・フェイス」の素材ライブラリーのカラーパレットを参考にし、


アーカイブに眠っていた生地も一部のアイテムで復刻しながらも、


端材や廃棄物を原材料とする再生ナイロン糸「エコニール(ECONYL)」を使用するなど


環境保全のための取り組みに基づいて生産していて、サステイナブルです。


おなじみのノースフェイスもグッチを介してみると、


さすがはミケーレ節といった仕上がりですね。


ではまた!!

ヘアやファッションに関するご質問、ENOUGHへのご予約などは

ENOUGH専用LINE@でも受け付けております。

お友達登録されてもプライバシーはほかの方にはもれませんのでお気軽に登録どうぞ。

LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し下記IDを入力し


検索して頂くと友だち追加できます。

ID・・・・(@dco2302m)

もしくは下の友達追加ボタンをご利用ください。

ブログは随時更新いたしますのでチェックしてくださいね!!!

ENOUGHのinstagramアカウントもございます。


お気軽にフォローやコメントどうぞ!!!!








閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page